インターエデュ中学受験はモチベーションが大事

現在、小学生でもほぼ半数近くが塾に通うようになったと言われいます。

塾に行くことで何か得るものがあるから通うのだと思います。

一般的に大きく分けて2種類の塾があると思います。

学習塾は学校のお勉強の補習的な要素を持っていて、
学校の教科書に対応しながら勉強を進めていくもの。

そして、進学塾は中学受験にむけて、
合格させるための学習指導や、各志望校の情報の提供などを
すすんで行っています。

学習の指導や習慣付けは保護者や家庭教師、
通信教育でもできますし。

受験の情報もインターネットで収集することが可能な時代です。

しかし、難関校と呼ばれる学校に合格する生徒さんのほとんどは
進学塾に通って合格を勝ち取っているのが現状ですね。

進学塾には同じお受験を経験する子供が集まり、
ライバル意識も生まれ切磋琢磨するということでは
いい面もあるのだと思います。

「同じ目標に向かって立ち向かっていく戦友」などどいうと、
大げさですが、そんな感じではないでしょうか。

中学受験はモチベーションが大事です。

いい情報、いい塾、それらのすべてをインターエデュ
持ち合わせていると思います。

インターエデュ 中学受験 心構え

中学受験のサイトを見ていて、
面白い言葉を発見!女子御三家、男子御三家といって、
レベルの高い、人気のある中学3校をそう呼んでいるのですね。

女子御三家は桜陰 女子学院 雙葉だそうです。

男子御三家は開成、麻布、武蔵のことを言うのだそうです。
これらの特徴は、エスカレート式ではなく大学を受験することを
視野にいれた時の合格率の高さをいうのだと思うのですが、
この表現は昔からされていて、おもしろいなぁとずっと
思っていました。

この場合の合格率はおそらく東京大学のことをさすのだろうと
思います。

それぞれの学校に合格するのにはそれなりの対策があるようで、
教育現場からのアドバイスの声も興味深く見ることができます。

それに反論する人などがいたり色々な意見が飛び交って
面白いです。

インターエデュにはそういう情報が満載!
すみからすみまで役にたつことばかりです。

それにしても、受験をして中学に行くのには、親も子も。
ものすごい努力が必要なのだと改めて思いました。

合格する人がいれば、不幸にも選考から外れてしまう子も
存在するわけで、そのときにしっかりと受け止め、
前に進めるだけの人間力を養うことも大事ですね。

インターエデュ中学受験 専門サイトを発見

中学受験に関してネットで調べいると、中学受験専門のサイトが
ありましした。

インターエデュは総合的なお受験サイトですが、
中学受験専門に扱っているところにまず驚きました。

六大学合格率と中学の関係とか、中高一貫教育校の特集とか、
色々なカテゴリーがあってかなり充実していました。

メールマガジンを配信したり、学校の受験特色や今年はこうなる!
みたいな予想も繰り広げられ、すごいヒートアップしていました。

この中学に入るためにはどこの塾がいいかとか、
住む家の場所までああだこうだとあるみたいで
ちょっとびっくりしたというのが正直なところです。

そこまでして何があるの?そこまでしないと入学できないの?
そこまでして大学に入れなかったら?そこまでして・・・と
思うようなことがかなり多く書かれていました。

ページには商売っ気のあるリンク先がたくさん張られ、
親子の弱いところを上手についてくる。

これはすごいなぁと感心しました。いったいどれくらいの
子供が自分で受験を決めているのでしょうね。

親の意見ではなく、自分の意思で中学受験をするのが
一番理想的ですが、なかなか子供の思うようには
いきられない年齢ですよね。

頑張った先にあるものを大事にして、
楽しい人生を歩んでもらいたいと思います。

インターエデュ 中学受験の意味

インターエデュの掲示板の中には、中学受験
合格体験談という小カテゴリーがあります。

ここを覘いてみると、「合格する為の勉強法」
「家庭教師の探し方・選び方を教えてください」
「参考にしたい中学受験本3冊」
「ズバリ難関校合格の勝因は?」といったような中学受験対策の勉強に
なりそうなスレッドがたくさん立っています。

その一つ一つを見ているとちょっと怖いものがありますが、
受験する親御さんにとってはかなり参考に
なるのではないでしょうか。

そもそも中学受験は、大学、将来の仕事に結びついてくる大事な
時期・・と位置づけている方が多いように感じます。

この大学に入るためにはこの高校、とか、
この高校に入るためにこの中学、とか、
中学受験は小学校や幼稚園のお受験とは少し違った
意味合いがあるのでしょう。

公立の中学は学力低下や先生の質の低下が叫ばれ、
熱心な親御さんからは敬遠されがちです。

公立中学がもう少ししっかりとした教育をしてくれれば、
少しは中学受験が減るのでないかとも思います。

志望校を目指すことも、受験することも大いに
結構なことだと思いますが、今の世のなかが学歴社会に
なっていくひとつの要因とも思えるので、
慎重に考えたいですね。

それにしても、子供には本当にいい教育を
受けてもらいたいと心から思うのはどこの親も同じ気持ちですね。

インターエデュ 中学受験はヒートアップ

近年、お受験流行の世の中、幼稚園、小学校受験は
まだ少数派だと思いますが、中学受験
対する熱がヒートアップしているように感じられます。

インターエデュの掲示板などでも
中学受験に対する書き込み、質問が多くなっていますよね。

そのほんとが中学受験に伴う様々な悩みや心配事ばかりな
気がします。

インターエデュは、特に中学受験の時に
利用されることが多いようです。

中学受験はその後の進路に特に大きく影響する受験でもあります。

将来を見据えて、この中学に入学したい・・・と
はっきりとした展望がある場合がほとんどですので、
親も子もヒートアップするのでしょうね。

中学の3年間はどのように過ごすかによって、
その後の進路が変わってくる大事な3年間ですものね。

中学受験にあたってどこの塾がいいか、とか、
親の学歴だとか、ちょっとおかしな質問まで真剣に
相談されているのにはいささいか驚きますが、
ささいな事でも、みんなで話を持ち寄って情報交換できる場所が
あることはいいことですよね。

年々変わっていく教育、受験のシステム。
インターエデュはそういうことに対応して、
新しい生きた情報を発信してくださるので、とても助かります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。