インターエデュ 目黒星美学園の宗教教育

インターエデュで検索すると星美学園には
目黒星美と星美学園の2校があります。

互いに姉妹校となっていて人気の学校です。

目黒星美学園小学校が他の学校と違うことの一つに、
宗教という教科があることです。

宗教は心の教育を大事にした教科としていて、
そこでは人とは何であるか、神様とは…など、
よい人になるためのことを学ぶようです。

月曜日の朝礼は聖書の一節をクラス代表が順に責任を持ち、
全校児童の前で朗読します。

イエス様のみことばの中から生き方の教訓を得、
一週のはじめの決心を一人ひとり持つ、ということを
実践しているそうです。

週2回の宗教の時間は自然の領域の中で生きるだけでなく、
自然を超える世界、目に見えない偉大な力、神秘な力に
支えられていることを知り、正しい良心を育てると共に
自らと尊い存在と他者の生命の大切さや生き方を学びます。

神様のあわれみを知り、許し合うこと、性格や思いの
違いを補完し合い考え合って助け合うことを学ぶそうです。

与えられた生命、知恵、才能を感謝して伸ばし、
自分のためだけでなく他者のために貢献したい望みを育み、
考え方の違う国の人々とも共存していける世界レベルの幸せを
願う寛容な心を育てることを学ぶそうです。宗教教育って、
すばらしいですね。

今の世の中で少しかけていることを目黒星美学園で
学べるような気がしませんか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。