インターエデュ 関西学院小お受験情報

インターエデュでは関西地区の
受験情報を多くとりあげるようになっていますが、
まだ受験がおこなわれていないぶん、卒業生などの情報が
ないためにわかっていることはそう多くはありません。

学校発表の情報をまとめてみることにします。

関西学院は2008年4月の開校に向けて関西学院初等部を準備中。

規模は1学年90人(30人×3クラス)で、最終的な総児童数は
540人の予定だそうです。伝統のキリスト教主義教育にもとづく
全人教育を土台とし、「関学タイム60」と称した4つの時間帯―
「こころの時間(=礼拝)」、「風の時間(=聴読の学習)」、
「光の時間(=国際学習)」を午前中に「力の時間(=推論の学習)」を
午後に毎日設ける予定だそうです。

近年に開校した同志社小学校、立命館小学校は給食ですが、
関西学院初等部は「お弁当」に決定したそうです。

そのほか、完全週休2日ではなく、隔週で土曜日授業も実施。
授業の充実を謳っています。

気になる入学後の費用ですが、入学金20万円(入学時)
、授業料80万円(毎年)、教育充実費20万円(毎年)、
教材・学年宿泊行事等前納金5万円(毎年)、図書購入費3千円(毎年)、
修学旅行費25万円(6年間に分割)となっています。

(任意の寄付金の額は未定)その他の諸経費はPTA会費、
後援会費、同窓会入会金(入学時のみ)でおよそ2万円(毎年)と
なる予定です。

また、制服や鞄といった本学規定品の購入などがあるようです。
やはり公立と比べるとかなりの学費、諸経費の負担がありますよね。
これらを見越して受験なさるとよろしいかと思います。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。