インターエデュで調べた湘南白百合学園小学校の受験の様子

インターエデュ湘南白百合学園小学校
受験の様子を調べてみたところ、最近の受験は以前と様子が
変わってきたらしいという書き込みが多かったです。

例えば2006年の湘南白百合学園小学校の試験は、
今までに比べてペーパー試験が大幅に減り、今まで通りの対策を
していたお教室(受験対策塾)組が大量に落ちてしまったという話です。

逆に、お教室などでは一番下の評価だった子が、
「とりあえず受けるだけ受けてみようか」という感じで
受けたところ合格してしまったというケースもあります。

インターエデュの掲示板によれば、湘南白百合学園小学校の
入学試験ではペーパーの他に行動観察という試験があり、
課題を与えて子供がどう行動するかを見るテストをします。

2006年はセロファンに包まれているラムネを
食べさせるというような行動観察をしたとのこと。

湘南白百合学園小学校の先生達が、この行動観察で
どこを見ているのかは手に取るようにわかります。

■脱いだ靴をどうするか

■挨拶はどうか

■包み紙の取り方

■ラムネの食べ方

■食べた後のゴミをどうしたか

■きちんとお礼は言えたかどうか

たった一つのラムネでこれだけのことがわかります。

これでわかることは、結局親がどういったしつけや
教育をしているかどうか、家庭環境は安定しているかなどが
見えてくるわけですね。

インターエデュで常に湘南白百合学園小学校のチェックは
欠かせません。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。