インターエデュ サピック流行に思う・・・

最近インターエデュなどでサピックス
関する情報を目にすることが多くなりました。

サピックスと他の進学塾との比較やサピックスの
学習指導方法などに対する質問、相談がほとんどです。

サピックスでよく聞くのは、塾の教材プリントが多すぎて
全部をこなすのは大変だという話。気を利かして選別しようにも、
どれが重要か、どれを優先してやるのがいいのか、
その見極めと選別が非常に難しいのだそうです。

現在ではそれら選別や見極めのためにサピックスと併用して、
家庭教師や個別指導が大流行している実態もあるそうです。

塾のための塾?そんな話、驚いちゃいますよね。
しかし、家庭教師や個別指導の併用で成績があがったという体験談も
ネットにあふれているのですよね。

少子化によって一人の子供対してお金をかけられることや、
学歴社会、勝ち組負け組みなどの言葉が氾濫して、
受験に拍車をかけるのだと思います。

挨拶のできない子供、片付けられない子供、
跳び箱を飛べなかったり、すぐ骨を折ってしまったり、
すぐキレたり、子供達が危うい時代になってきています。

受験も確かに大切だけれど、小学生には小学生としての
やらなければならないことを、まず家庭でしっかりと
身につけさせることも大事だと思う今日この頃です。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。